任天堂が「ゲーム実況動画」を正式に許可した件について個人的な感想

11月29日に任天堂が「ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン」を発表し、ゲーム実況が正式に許可されました。

これにより、今後ゲーム業界がより一層盛り上がるのではないかと注目を集めているそうです。

本記事では、この話に関する個人的な感想についてまとめていきます。

ガイドライン:https://www.nintendo.co.jp/networkservice_guideline/ja/index.html

これまでグレーゾーンだったゲーム実況動画が認可

今までゲーム実況動画は、著作権的な問題からグレーゾーンだといわれてきました。

それが今回任天堂より正式に許可が下りたということで、動画削除の心配などなくゲーム実況動画をアップすることが可能になりました。

権利関係はかなり注意が必要でしたが、これにより任天堂が提供するゲームは気兼ねなく実況、動画投稿ができるようになりますね。

今回の任天堂ガイドライン発表は多くの人にとって朗報と言えるのではないでしょうか。

収益化が可能になったことで実況動画数UP?

個人であるお客様は、任天堂のゲーム著作物を利用した動画や静止画等を、営利を目的としない場合に限り、投稿することができます。ただし、別途指定するシステムによるときは、投稿を収益化することができます。

発表されたガイドラインによると「別途指定するシステム」による実況動画の収益化は可能とのこと。

この「別途指定するシステム」とは以下のとおり。

  • Facebookの「Facebook Game Streamer」および「Facebook Level Up Program」
  • ニコニコ動画/生放送の「クリエイター奨励プログラム」および「ニコニコチャンネル」
  • OPENREC.tvの「OPENREC Creators Program」
  • Twitchの「Twitchアフィリエイトプログラム」および「Twitchパートナープログラム」
  • Twitterの「Amplify Publisher Program」
  • YouTubeの「YouTubeパートナープログラム」

申請が必要だった収益化が、申請不要になった模様。

 

今までよりも手軽に動画の収益化ができるようになったんですね。

収益化が簡単に出来るようになったのも、ゲーム実況者にとっては相当な朗報といえるでしょうね。

収益化が通らないままの動画も、これによって収益化ができるようになったわけですから。

今後ゲーム実況者・ゲーム実況動画がともに増加していくことは間違いないでしょう。

ゲーム売り上げには影響するのか

今回の任天堂ガイドライン発表には、ゲーム実況動画をとおしてゲーム自体の認知度を上げてもらい、売り上げを伸ばすという目的があってのことだと予想できます。

ゲーム実況動画を見るゲーム自体に興味を持つ購入」という流れですね。

 

任天堂の判断が吉とでる凶とでるか。

売り上げの変化については今後どうなっていくか予想がしづらい部分ではありますが、個人的な意見としては売り上げにはあまり影響しないと思います。

というのも、ゲーム実況動画を見る層の購買意欲は薄いのでは無いかと感じるからです。

 

私自身ゲーム実況動画は良く見ますが、正直なところ見るだけで満足してしまうんですよね。

誰かがプレイしているのを見て満足してしまうため、そこから自分も同じゲームを買ってプレイしようというところまでたどり着かないのではないかと。

これはゲームの種類にもよると思いますが、ストーリー性の強いゲームはその傾向が特に強いのではないかと思います。

ネタバレを見た後、また同じシーンを見るわけですから・・・。

 

ゲームの売り上げに変化があるのか、今後の動きに要注目ですね。

まとめ

今回の任天堂ガイドライン発表は、ゲーム実況者にも視聴者にも朗報といえる内容なのではないかと。

しかしながら、これによってゲーム業界が拡大していくかはなんともいえないところ。

僕は欲しいゲームは予約して当日から自分でプレイするタイプなので、今回の発表により売り上げが伸びるようには思えませんが、実際のところどうなっていくんでしょうかね・・・。

 

任天堂の英断が吉とでること祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です