ゴブリンスレイヤーのTRPGが発売予定らしい!限定版は完全受注生産だから欲しい人は予約必須

web小説が書籍化し、ついにはアニメ化までした「ゴブリンスレイヤー」

どことなくTRPGの香りがする「ゴブスレ」ですが、本当にTRPG化するらしい。

TRPGとは?

テーブルトークRPG、あるいはテーブルトーク・ロールプレイングゲームとは、テーブルゲームのジャンルのひとつ。

ゲーム機などのコンピュータを使わずに、紙や鉛筆、サイコロなどの道具を用いて、人間同士の会話とルールブックに記載されたルールに従って遊ぶ“対話型”のロールプレイングゲームを指す言葉である。

プレイヤーは自分が作成したキャラクターになりきり(ロールプレイ)ながら、他のプレイヤーと話し合ったり、ダイスを振ったりしてゲームの目的達成を目指すゲームのこと

ゴブリンスレイヤーの作中にも、実際似たようなボードゲームで遊ぶ模写がありましたね。

ゴブスレTRPG詳細情報

古き良きTRPGへのオマージュを捧げた限定版  TRPGやゲームブックといった「ファンタジーゲーム」をモチーフにしたライトノベル『ゴブリンスレイヤー』。

『ゴブリンスレイヤー』では、「ソーサリー! 」や「D&D」といった RPG隆盛期にあたる「1980年代」の古き良きゲーム群もモチーフとして取り入れられています。

今回の限定版では、こうしたオールディーズの雰囲気を再現すべく、 まだTRPGが「大人の趣味」であり、高価な海外ホビーだった当時を想起させる 趣向を凝らしたアイテムを用意しました。

  • メタルフィギュア
  • マスタースクリーン
  • オリジナル刻印入りダイス
  • ダイス用布袋(ポーチ)
  • 蝸牛くも先生書下ろし 冒険シナリオ
  • キャラクターシート
  • ルールブック

価格 8,424円 発売予定日 2019年5月。

これ一つでTRPGが始められるようになってるみたいですね。

これだけ特典がついてこの値段は結構安い方では?

各種特典の詳細はコチラから。

 

専用のフィギュアとかダイスを使ったTRPGとか臨場感すごそう。

しかもシナリオは、原作者の蝸牛くも先生書下ろし・・・!

Shika

最高すぎんか

是非ともプレイしてみたい・・・。

 

ちなみにルールブックには、原作未登場の神格や職業もあるみたい。

幅広く遊べそうですね。

限定版は完全受注生産

ゴブスレTRPGの限定版は、完全受注生産の模様

締め切りは今年いっぱい。2018年12月31日まで。

 

完全受注生産の理由として「限定版に同梱されるアクセサリ等を先んじて製造する必要があるため」らしいですが、おそらくメタルフィギュアのことでしょう。

まぁこれは仕方ないですね。

限定版が欲しい方は、今年中に予約しておきましょう。

まとめ

原作者書き下ろしのシナリオ。

是非ともプレイしたいですね・・・。

Shika

なお一緒にプレイしてくれる人はいない模様

 

…TRPGを一緒にやってくれる友人がいるかたは、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です