自作PCを組み立てるならOSだけSSDにインストールすると安くて速いのでオススメ

PCのデータを保存するパーツである「HDD」

PCを動かすためのOSから、アプリケーションやテキストファイルに至るまで、全てがこのHDDに保存されています。

しかし最近は「HDD」よりも高性能な「SSD」が主流になりつつあり、市販のPCでも「SSD」が標準搭載されていたりします。

しかし、性能が良い分「SSD」は「HDD」よりも遥かに値が張ります。

そこで今回は「SSDとHDDどちらを選ぶべきか」について解説します。

SSDとHDDの違い

まずは「HDD」と「SSD」の簡単な違いと特徴について。

どちらも記憶装置であることに変わりはありませんが、その性質は大きく違います。

HDDの特徴
  • 保存できるデータ容量が非常に大きい
  • 価格が安い
  • 衝撃に弱く、壊れやすい
  • 消費電力が多い
SSDの特徴
  • 保存できるデータ容量が小さい
  • 価格が高い
  • 衝撃に強い
  • 消費電力が少ない
  • データの読み込み、書き込みが速い

データ容量の大きさと価格で見れば「HDD」の方が勝りますが、その他の面では「SSD」に軍配が上がります。

特に「SSD」のデータの読み込みと、書き込みの速さは非常に有名です。

SSDは性能がいいけど高い

SSDは性能が良い分、HDDに比べて値段がかなり高いです。

最近はSSDの価格も随分と安くなりましたが、それでもまだHDDに比べると高いです。

また、SSDの容量自体小さいものしかないため、十分な容量を確保しようとすると、SSDを複数搭載しなくてはいけません。

単純に性能を求めるならSSDを選べば良いんですが、そう簡単な話でもないんですね。

両方搭載してしまえば良い

どうせPCを自作するなら、SSDを搭載した高速起動PCにしたいですよね。

でもSSDだと値段が高いし、データ容量も物足りない・・・。

しかし、実はこれには解決方法があります。

その方法とは、SSDとHDDの両方を搭載してしまうことです。

OSだけSSDに入れれば解決

PCの起動を高速化させるには、OSの読み込み速度を上げなくてはいけません。

そこで、OSをSSDにインストールします。

SSDの読み込み速度は非常に速いため、PCを高速起動させることができます。

実際に私もOSをSSDにインストールしていますが、電源を入れてからネットを開くまで10秒かかりません。

今現在HDDしか積んでいないPCを使っている方は、SSDを使ったときの起動の早さに驚くと思いますよ。

その他ファイルはHDDへ

SSDを選んだ場合の問題、データ容量不足。

それはHDDも積むことで解決できます。

データ容量の大きさと安さであれば、HDDが勝っています。

例えば、画像ファイルや容量の大きい動画ファイル。

これらは保存はしておきたいですが、頻繁に使うものでもないですよね?

そういうファイルであれば、わざわざSSDの高速読み込みである必要はありません。

なので、安価で大容量なHDDに保存してしまえば良いということです。

SSDとHDDを使い分ける

OSや頻繁に使うアプリケーション→SSD

画像や動画、その他ファイル類→HDD

このように2つの性質を生かせるよう使い分けることで、理想的なPCにすることができます。

また、容量問題はHDDが解決してくれるため、SSDのサイズも一番小さいもので十分になります。

SSDだけで組むよりも、遥かに安く作ることが可能になります。

PCを自作する際は、SSDとHDDの両刀がオススメ。

まとめ

SSDとHDDの特徴を生かして、費用を抑えて理想のPCをつくることができます。

また、浮いた分のお金を他のパーツへ回せば、よりPCのスペックを上げることもできます。

特にグラフィックボードなどは、ゲームをする際などには非常に重要。

快適さにとても関わってくる部分なので、そういう部分にお金をまわすといいでしょうね。

それでは、良いPCライフを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です