【1万円以下】単身引越しを安く済ませたいなら「ゆうパック」を利用するのが一番

  • これから一人暮らしを始める方
  • 単身引越しをする方

今回は、こんな方に向けた「ゆうパックを利用した単身引越しの方法」についてまとめました。

「ゆうパック」を利用すれば、引越し業者に依頼するよりも遥かに引越し費用を抑えられます。

 

実際僕も北海道から東京へ引っ越す際、1万円以下で荷物を運搬できました。

引越しの費用を抑えたい人は、是非参考にしてください。

単身引越しの相場

まずは、単身引越し費用の相場を見てみましょう。

コレは「北海道」から「東京」へ単身引越しをする際の見積もり結果です。

荷物は「ダンボール2つ」「デスクトップPC」「布団」

 

たったこれだけの荷物しか無いにもかかわらず、恐ろしく高いですね…

また、引越し業者で提供している「単身引越しパック」でも、

  • 同一県内のみ
  • 小コンテナ一つ分の荷物まで
  • 繁忙期を除く

など、非常に厳しい条件であっても2~3万円程かかります。

 

単身引越しの相場は条件によって変わりますが、

近距離であれば3~5万。

遠距離であれば5~8万。

と考えて良さそうですね。

「ゆうパック」の運送料金

単身引越しの相場はわかりました。

では次に「ゆうパック」の規格別配達料金をみてみましょう。

日本郵便の公式ホームページで、各県ごとに基本料金を確認できます。

今回は、先ほど同様「北海道」から「東京」を例に出します。

「○○サイズ」というのは、ダンボールの「縦+横+高さ」の合計値。

大型のタワーPCでも、140サイズあれば余裕で収まります。

単身引越しなら「ゆうパック」で十分

先ほどの荷物「ダンボール2つ」「デスクトップPC」「布団」

これらを140サイズダンボール4つ分と仮定します。(僕が引っ越した際も140サイズダンボール4つでした)

これを「ゆうパック」で送るとすると、僅か8,880円で荷物を運ぶことができます。

引越し業者に依頼するよりも、遥かに安い。

 

荷物の量が少ない単身引越しの場合は「ゆうパック」で十分ですし、一番費用を抑えられる方法でもあります。

 

梱包に必要なダンボールも、スーパーやホームセンターに行けば無料で貰えますよ。

便利な「集荷システム」がある

「ゆうパック」には、依頼すれば自宅まで荷物を取りに来てくれる「集荷システム」が存在します。

重い大型のダンボールであっても、電話やネットで頼めば荷物を取りに来てくるため、荷物をどこかへ持っていく必要はありません。

引越しの前日に集荷を依頼し、引っ越し先で荷物を受け取れば引越し完了です。

面倒な手続きや、多額の費用もかかりません。

 

単身での引越しであれば「ゆうパック」で十分でしょう。

大型家電は買ったほうが安い

「ゆうパック」は170サイズを超える荷物は運んでもらえません。

ですので、大型家電(洗濯機・冷蔵庫など)は、「ゆうパック」では送ることが出来ません。

しかし、一人用の冷蔵庫や洗濯機であれば、新調しても運送しても値段が大して変わらない場合が多いです。

また、引越し先の住居のスペースに合わせて選ぶこともできる為、大型家電は新調することをオススメします。

 

その際、今まで使っていた家電はリサイクルショップなどに依頼すれば、無料で回収してくれるほか、家電を新調するときの資金にもなります。

よほど気に入っている物でなければ、リサイクルして新調してしまいましょう。

まとめ

引越し業者を利用すると、少量の荷物でも多額な費用がかかってしまいます。

新生活には、何かとお金が必要になりますよね。

荷物の少ない単身者や、これから一人暮らしを始めるという方は「ゆうパック」を使って引越し費用を抑えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です