ニートでも確定申告は必要?年の途中で退職した場合は確定申告が必要!

「年の途中で退職したっきり、就職していない」

いわゆるニート状態の場合、確定申告は必要なんでしょうか?

答えは、YES

年の途中で退職し、年末度に就職していなくても、確定申告が必要になります。

また、必要がなくても「確定申告したほうが良いケース」もあります。

面倒なことになる前に、今ここで自分は確定申告が必要か確認してみましょう!

そもそも確定申告とは

そもそも確定申告とは、一体何なのか?

それは、「その年の収入を確定し、納税額を決める」行為を指します。

支払う税金の額を決めるために、収入額を申告しなければいけないんです。

確定申告と年末調整の違い

会社員として働いていると、確定申告自体あまり縁がありませんよね。

というのも、会社員として働いている場合、会社側で年末調整が行われます。

年末調整は、従業員の「扶養控除申告書」と「保険料控除及び配偶者特別控除の申告」を計算し、納めすぎた源泉徴収勢が返ってきたり、不足運を差し引かれたりします。

簡単にいうなら「会社が代わりに確定申告をしてくれる」ということです。

何故退職者は確定申告が必要なのか

会社員の場合は、年末調整によって会社が代わりにやってくれていたわけです。

つまり、会社に勤めていない場合は、自分で申告しないといけません。

例えば、年の途中で退職し、年内に他の会社に再就職した場合。

この場合は、再就職先の会社で前の会社の分も合わせて年末調整が行われるため、確定申告を行う必要はありません。

一方、再就職をしていない場合。

正確には、12月31日時点で会社に勤めていない場合ですね。

この場合は、確定申告を行わなければいけません。

これは、会社に勤めていない間の空白期間を、税務署が把握していないからです。

確定申告が必要な場合

確定申告が必要か否か。

それは、「12月31日時点で、会社に勤めているかいないか」です。

途中で空白期間があってもなくても、12月31日時点で会社に勤めてさえいれば、確定申告は必要ありません。

会社側で一年分、まとめて年末調整をしてくれます。

会社に勤めておらず、所得が38万円を超える場合は、自分で確定申告を行わなければいけません。

また、会社に勤めている場合でも、副業等で20万円を超える収入がある場合は、確定申告が必要です。

確定申告をしなかった場合のペナルティ

「面倒だし申告しなくていいや」

「税金とられるのに申告するなんて嫌だ」

税金を請求されるのに、わざわざ自分から申告するのは確かに面倒ですよね。

しかし、確定申告が必要なのにも関わらず、行わなかった場合。

その場合は、重いペナルティが課せられます。

無申告課税が発生する

無申告課税は、原則として納付すべき税額に対して、50万円までは15%。

50万円を超えると20%の課税が発生します。

くれぐれも確定申告を忘れないよう、気をつけましょうね。

なお、期限をすぎても、税務署の調査を受ける前に自主的に申告した場合は、無申告課税が5%になるようです。

延滞税が発生する

確定申告の期限である3月15日。

この日までに支払うべき税金を納めていない場合、「延滞税」が発生します。

納付期限から過ぎた日数に応じて、利息のような形で課税されていきます。

期限内に、しっかりと税金を納めましょう。

申告不要でも確定申告した方が良い場合

  • 年の途中で退職し、所得が38万円以下
  • 事業や株、FXで赤字だった

こういう方々は、確定申告は不要です。

しかし、確定申告したほうが良いメリットがあります。

年の途中で退職した場合

年の途中で退職し、所得が38万円以下の場合は、確定申告の義務はありません。

しかし、申告することで生命保険料や社会保険料などの支払いで還付が受けられます。

無職であっても確定申告した方が良いですね。

赤字だった場合

赤字が発生した場合は、還付が受けられる、住民税が考慮される等。

確定申告した方がメリットがあります。

また、株やFXの損失は3年間繰越控除を行うことができ、利益と相殺して計算することができます。

退職金と失業保険

確定申告を行う際に、失業保険の給付を受けている旨を申告する必要はありません。

一方「退職金」ですが、場合によっては必要です。

退職金を受け取る際「退職所得の需給に関する申告書」を提出していれば、確定申告は不要です。

しかし、行わなかった場合は確定申告が必要になります。

退職金は税金の計算方法が違う

退職金は一般的な所得と、税金の計算方法が違います。

「長年の勤務に対する報酬」という意味合いがあるため、一般的な所得よりも税負担が軽いようです。

確定申告に必要なもの

確定申告で必要なものは以下のとおり

本人確認書類

マイナンバーカードです。

マイナンバーカードが無い場合は、番号確認書類と身元確認書類の2つが必要になります。

  • 番号確認書類:通知カード・住民票
  • 身元確認書類:運転免許証・保険証・パスポート等

印鑑

朱肉のものが必要です。

シャチハタ印鑑は使うことが出来ません。

また、銀行振替の申し込みを行う場合は銀行の届出印も必要です。

申告書

税務署に直接とりに行く、自分で印刷するなどがあります。

電子申告の場合は税務署に提出する必要がない、必要な書類をいくつか省略できるなどのメリットがあります。

所得を証明できるもの

収入と所得を証明できる書類です。

給与・賃金等であれば、源泉徴収表。

株やFXの場合は、年間取引計算書です。

控除書類

各種領収書などです。

年間の医療費が10万円を超えた場合は、医療費控除が受けられます。

まとめ

以上、確定申告に関するアレコレでした。

今現在ニートや無職であっても、確定申告は必要になってきます。

また、義務がなくても確定申告したほうが各種控除などを受けられることがあるので、面倒がらずに確定申告しましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です