【ダンジョンメーカー】序盤から「読書」したいおすすめ本5選【攻略】

ver1.4で追加された「読書

ダンジョンマスの優先順位を大きく上げたコンテンツですよね。

本記事では、ver1.5時点で50冊以上実装されている本の中で特に序盤に優先して読みたいオススメ本を紹介します。

※あくまで個人的な意見です、参考までにご覧ください。

基本の3冊

初期状態から保持している、

  • ダンジョンの正しい守り方 第一章
    →魔物がレベルアップするとき、低確率で防御力が大きく増加します。
  • 魔王の軍勢 第一章
    →魔物がレベルアップするとき、低確率で攻撃力が大きく増加します。
  • 生存訓練 第一章
    →魔物がレベルアップするとき、低確率でHPが大きく増加します。

この3冊は3回で読了することができるうえに、上昇値もそこそこ高いです。

余裕のある序盤のうちにこの3冊を読了しておくことで、後々の魔物のステータスがかなり変わってきます

読む順番としては、HP→攻撃→防御の順がオススメ。

最初から所持しているため、運に左右されずに読み進めることができるのも好印象。

金持ちになる方法

毎日ゴールドが手に入るようになる金策用の本。

第一章は4回で読了でき、「毎日10ゴールドがもらえる」ようになります。

序盤のうちから読んでおけると本格的に商人マスを利用するようになる頃には、この本で手に入るゴールドだけでそこそこ賄えてしまいます。

また戦闘マスを踏まずともゴールドがもらえるので、安定した収入源となってくれる点も◎

 

特に試練2以降は商人の購入費用が倍になり、すぐにゴールドが足りなくなりますよね。

序盤で引けたら是非とも優先的に取得し読了させておきたい本です。

流通革命:戦利品の反撃

こちらも「金持ちになる方法」同様、金策用の本。

4回で読了でき、「戦闘で獲得するゴールドが10%増加」します。

こちらは%計算なので後半になるほど手に入るゴールドの量も増加していきます。

序盤に読むなら優先度は「金持ち」>「流通革命」ですが、できればコチラも読んでおきたい一冊です。

 

基本的に序盤は純粋にパワーでゴリ押せるので、金策系の本や成長率のあがる本を読んでおくと後半がグンと楽になります。

また読書は読了するまでは効果を発揮しないので、読了までにかかる期間が短いものを先に読んでいったほうが効率が良いです。

魔王強化系は避ける

  • 攻撃こそが最善の防御である
    →魔王の攻撃力が○○増加します。
  • 防御こそが最大の攻撃である
    →魔王の防御力が○○増加します。
  • 生存日記
    →魔王のHPが○○増加します

魔王強化系の本は避けましょう。

これらを読むぐらいなら純粋に魔王のレベルを上げたほうが効率が良いです。

 

魔王の戦闘経験値を10%増加してくれる「悟り」も優先度は低いです。

魔王のレベル上げは基本的に「孵化場」で高レベルにした魔物を合成して行うので、戦闘経験値を10%増加させるためだけに読書を6回も費やすのは正直勿体無いです。

不思議な羽根ペンを利用する

ver1.5で追加された遺物の「不思議な羽根ペン」を上手く使えば期間の長い本でも一瞬で完読できます。

「マナの理解」などは完読まで10回読書しなくてはいけないので、「不思議な羽根ペン」を使うことをオススメします。

また、同じくver1.5で追加された「クリスタルアイ」という遺物も一瞬で完読状態にすることができますが、そちらは手持ちの本からランダムで選ばれるため若干使いづらいです。

まとめ

  • ダンジョンの正しい守り方 第一章
  • 魔王の軍勢 第一章
  • 生存訓練 第一章
  • 金持ちになる方法 第一章
  • 流通革命:戦利品の反撃

この5冊が個人的にオススメする序盤で「読書」したい本です。

戦略によって取得したい本の優先度は変わってきますが、この5冊は汎用性が高く「見つけたらとりあえず読む」でいいと思います。

 

以上、”序盤から「読書」したいおすすめ本5選”でした。

ダンジョンメーカー記事一覧はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です