狭いキッチンも工夫次第!一口コンロ活用術

「キッチンが狭くて料理をする気になれない・・・。」

アパートやマンションに住んでいる方はこういった悩みをお持ちなんじゃないでしょうか?

  • コンロが一口しかなくて不便
  • シンクが狭くて水が飛び散る
  • 調味料や器具を置いておくスペースがない
  • 切り物がまともにできない

僕もマンションの一室を借りて住んでいるのですが、

コンロは一口

シンクは狭い

まな板をまともに置くスペースも無い

日々省スペースキッチンと格闘しながら料理をしています・・・。

 

しかしちょっとした工夫をするだけで、狭いキッチンでも十分に料理をすることは可能です。

本記事では僕がやっている省スペースキッチン活用術を紹介します。

収納の仕方を工夫する

まず一番に困るのが器具や調味料の収納場所ですよね。

日常的に使うものですからすぐに取り出せてしまえる場所に置きたいところですが、狭いキッチンだとなかなかそうはいきません・・・。

僕も今の住まいに引っ越したときは、器具の置き場所に困りました。

壁掛けフックを使う

壁掛けのフックはとても便利です。

狭いキッチンを最大限に利用するには必須のアイテムと言っても過言ではないですね。

僕はフライパンと手を拭くタオルなどを壁にかけています。

「どこにでも簡単に設置できる」という点が魅力ではないでしょうか?

棚を仕切る

棚を細かく仕切ることで隅々まで活用できます。

僕は100均にあった小テーブル?のようなもので仕切ってます。

1段の大きいスペースよりも2段にした方が汎用性が高いです。

取り出すときも、しまうときも分けてあったほうがやりやすいですしね。

調味料は小さくまとめる

調味料はなるべく小さく、使いやすいようにケースにまとめるのがいいです。

細かく頻繁に中身を入れ替えるほうが湿気や風味も防げますしね。

 

最初から使えるスペースは決まっています。

広げることができないなら今使える空間を最大限利用するしかありません。

空いているスペースを見つけて、活用できるようにしていきましょう。

料理の仕方を工夫する

一口コンロだと、

  • 吸い物を温めながら料理ができない。
  • パスタを茹でている間にソースが作れない。
  • 2品以上の料理を作るのが難しい

2口以上欲しくなりますよねぇ・・・。

Shika

パスタを作るときは茹でている途中で火から鍋を外して、茹で上がるまでにソースを作るようにしてるけどなかなか難しい。

シンクが狭いと洗い物ですぐに一杯になってしまいますし、作業台が狭いと野菜を切るのも一苦労です。

作り置きで解決

そもそも料理の回数を減らすことで、上記のストレスは軽減できます。

一度にまとめて作り置きすることで狭いキッチンでもストレス無く食卓を並べられます。

  • 野菜は使いやすいサイズでカットしてジップロック等で保存
  • 電子レンジで温めるだけで品数UP
  • ソースを作っておいてパスタと絡める
  • まとめて作ることで洗い物の回数が減らせる

節約にも時短にもなる作り置きはメリットしかありません。

電子レンジを活用

電子レンジを使えばパスタを茹でることも、野菜を蒸すこともできます。

電子レンジを上手く使えば一口コンロでも問題ありませんし、洗い物も減らせます。

100円ショップに行けば電子レンジで使える器具が豊富においてあるので覗いてみてはいかがでしょうか?

まとめ

  • 上下の空いた空間を上手く活用する
  • 作り置きでストレスフリー&品数UP
  • 電子レンジを活用する

狭いキッチンでは自分の使いやすいようカスタマイズしていくのが大切です。

食器や器具は必要最低限に絞り、広くスペースを使えるようにしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です