オートミールの食べ方を工夫してみた!【ミートソース編】

 

どうも、Shika(@UtuNeet_Shika)です。

 

前回、「人生初オートミールを食べてみた」という記事を書きました。

人生初の激安オートミールを食べた感想、果たして味は?

 

人生初のオートミールはまさに「お粥」という味だったわけですが・・・。

 

Shika

不味くは無いけど流石にちょっと味気ない。

 

そこで今回はオートミールをもっと美味しく食べるべく、アレンジを加えてみました!

貧乏鬱ニートの経済&食事情を改善すべく、オートミールのポテンシャルをフルに引き出してみせます!

 

相棒はミートソース

 

では早速今回のゲストを紹介します。

 

 

 

 

 

ばばーん。特別ゲストのミートソースさんです

 

Shika

ミートソースきた!これで勝つる!

 

今まで生きててミートソースと合わない奴を僕は見たことがありません。

ミートソースさんは全てを受け入れてくれるとっても良い奴なんだ。サンキューミートソース、フォーエバーミートソース

 

ちなみにこのミートソースは朝起きて作りました。

 

基本的に肉は大容量で買ったほうがg単価が安いですし、ソースにして冷凍保存しておけばレンチン解凍ですぐ食べられます。

本当にミートソースさんは素晴らしい。

 

Shika

なお使用した挽き肉は消費期限が一日過ぎていた模様

 

1日とか誤差だよ誤差。

もしおなか壊したりしても責任はとれませんのでご了承ください。

 

ゲストの紹介が済んだところで、早速調理していきましょう!

 

期待を込めた80gオーバー

 

 

今回使用するオートミールは期待を込めた80gオーバー。

 

前回は様子見の50g弱でしたが、今回はミートソースという強い味方がいるので強気にいきます。

50g弱でも結構お腹に溜まったので、80g強もあれば満腹になるはず。

 

てことで計量したオートミールを・・・投入!

 

 

 

続けて適量の水も・・・投下!

 

 

最初は少なめにして後から様子を見て足していきます。

 

そしてそのまま鍋を火にかけます。

 

 

オートミールは全くの無味なので塩を加えつつ、水を足しながら固さを調節します。

すぐにとろみがついてきて、オートミールが柔らかくなります。

 

途中で少し味がぼやけた感じになったので輪切りとうがらしを追加。

 

オートミールの固さが良い感じになったら完成!

 

前回は見た目があまりよろしくありませんでしたが、今回は無事ミートソースさんとフュージョン出来たでしょうか・・・?

 

 

 

 

気になる完成品がコチラ。

 

 

 

 

おぉん・・・。

 

・・・まぁ前回よりは遥かに良くなったですね。

あとはキレイな丸皿にでも盛り付ければかなり印象が変わると思うんですが・・・。

 

Shika

我が家にはCanDoで買った100円のうどん皿しかない。

 

かなしいなぁ

 

 

でも味さえ良ければ。そう味。

貧乏鬱ニートの僕は見た目なんて気にしません。

 

Shika

見た目重視の料理なんてミーハー女子のインスタグラムにまかせとけばええねん。

 

いや勿論見た目も大事なんですけどね。他人に振舞うなら兎も角自分が食べる分には問題なし。

 

漢は味で勝負だ!!!

 

いざ実食!

 

冷めないうちにこのオートミールミートソース?ミートソースオートミール?オールミート?

 

・・・なんでもいいでしょう。食べてみましょう!

 

・・・。

・・・・・。

・・・・・・・。

 

旨い!

 

これはかなり美味しかったです。

もう普通にライスと遜色ありませんでした。

 

・・・え?じゃあライスでいいじゃんって?

 

Shika

値段が全然違うんだよ!!!!!

 

500g88円ですからね、しかも5倍量の水でかさ増しされますし。

 

やはりこのオートミール、凄まじいポテンシャルを秘めていますね・・・。

 

Shika

これは貧乏鬱ニートの主食最有力候補やで。

 

そしてまたしても有能さを発揮してしまったミートソース。

やはりミートソースは最強。

 

・・・てことで完食。画像はあるけど冷静になって考えたら空になった丼の画像なんて載せる価値ないなぁとお蔵入り。

 

ボリュームもあって非常に満足でした!

 

まとめ

 

 

ミートソースは最強。

 

じゃなくて、オートミールのポテンシャルはかなり高かったです。

しばらくはオートーミール生活が続く予感。

 

機会があれば是非試してみて下さいねー。

 

Shika

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です