上手な文章の書き方、文章力を上げる方法まとめ

どうも、Shika(@UtuNeet_Shika)です。

ニートになってブログを始めてみたものの、なかなか綺麗な文章が書けない・・・。

そこで今回は上手な文章の書き方、まとめ方について調べてみました!

抑える要点は3つ!

 

文章を書くうえで特に気をつける点は3つです。

  • 簡潔さ
  • 具体性
  • 文のつながり

調べるほど色々な意見が見受けられましたが、全てに共通するのがこの3つでした。

つまり、最低限この3つさえ抑えておけば綺麗な文章が書けるということです!

 

Shika
安直スギィ!!

 

しかし、逆にこの3つが守れていないものは最低限のラインにすら到達出来ていないと言い換えられてしまいます。

そうならない為に、是非ともこの3つは意識していきたいですね。

 

簡潔さ

 

文章は短く・わかりやすく。

 

言うは易く行うは難しな言葉ですが、意識して書かれた文章とそうでないものでは雲泥の差があるのではないでしょうか。

僕も簡潔に書けるよう意識していますが、読み返すとダラダラとした文章が・・・。なんてことが多々あります。

コツとしては文末の無駄な言い回しを削ることで読みやすい文章に近づくそうです。

~においては~である。

→ ~では~だ。

 

~とするものです。

→ ~とします。

 

内容自体を短くするのは難しくても、文末の言い回しを変えるだけならすぐに改善できますね。

 

具体性

 

抽象的な表現はイメージが掴めず、印象に残りにくい

 

上記でも、ただ「文末の言い回しを変える」と書くのではなく実際に例を付け加えてみました。

例を用いた方が説明も簡単で、正しく情報を伝える為にも具体性はとても重要ですね。

 

正確なイメージを持って貰えるよう具体的な文章を意識しましょう!

 

文のつながり

 

読みやすい文章は自然と内容が頭の中に入ってきますよね。

文自体は短く簡潔に、尚且つ流れに沿って文同士をつなげないといけません。

 

僕は3つの中でこれが一番難しく感じました。正直これは慣れるしかないんじゃないでしょうか・・・。

 

接続詞の多用は御法度、無理につなげようとして最終的に何が言いたいのか分からなくなってしまうそうです。

何度も文章を読み返して調節するしかありませんね。

 

文章を読み返すときは声に出して読むと違和感を感じる部分を見つけやすいようですよ。

 

読み手を考える

 

上手な文章か否か判断するのは書き手ではなく読み手です。

いくら頑張って書いた文章でも、読み手に伝わらなくては意味がありません。

 

簡潔な文章を意識するあまり専門用語を多用してしまったり、良かれと思って挙げた具体例が逆効果であっては目も当てられません。

今書いてる文章が誰に向けて書いているものなのか意識すると、より一層良いものになるのではないでしょうか。

 

ちなみに僕は自分が面倒くさがりということもあり、とりあえず最低限のことを知りたい!って人に向けてこの記事を書いてます。

要点を3つに絞ったのもそれが理由です。

 

継続は力なり

 

結論から言いますと、劇的に文章力を上げる裏技は存在しませんでした。

付け焼刃的な手法はいくつかありましたが、最終的には沢山書く以外に文章力を上げるのは無理なようです。

 

まぁ当然といえば当然ですが・・・。

要点を抑えつつ地道に努力するしかないですね。世知辛いのじゃ・・・。

 

まとめ

 

今回まとめたものは本当に最低限のものなので、是非とも実践してみてください!

僕もブログを書き始めて、文を書くということの難しさをしみじみと感じるようになりました。

こんな記事を書いておいて自分が出来ていなかったら恥ずかしいなんてレベルじゃないので、もっと文章力をつけなくてはいけませんね・・・。

 

最後まで読んでいただきありがとう御座いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です